だるふぁいと!(Y.E.T企画分室)

  • 2011/01/25(火) 20:00:00



ゲーム公式サイト(無料DL可能)

冬コミ入手ゲームレポも終盤。
今回は「演劇少女は古都鎌倉を雪で潰す」(ゆきつぶ)に同梱された
「だるふぁいと!」を紹介します。

もともとこの作品はむきりょくかん。上のネタだったのですが、
それをむきりょくかん。作品ファンで構成される「Y.E.T企画分室」が形にしてしまいました。
ゆきつぶ同梱では有りますが二次創作作品扱いであり、作者は制作にかかわっていません。
絵も、文章もファン有志によるスタッフの皆さんが書いております。

Nscripter製のノベルゲーム。
ベースは「雲のない雨空の下で」。主人公は多奈と有希の交代制。
突然現れた仮想世界で再会した多奈と有希が脱走目指して奮闘します。

仮想世界ではとあるルールでゲームが行われており、
ゲームの勝者は願いをひとつかなえられる、という設定。
もう問答無用のドリームマッチ状態
むきりょくかん。作品全て(※)からキャラクターが登場します。
※「星のない空の下で」「ほしのの。」「Normalize Human Communication」
 「こばととすばる」「ごがつのそら。」「雲のない雨空の下で」
各世界から飛ばされたキャラは夢をかなえるため最も願った一人を召喚しています。
そのため、キャラ被りが存在し、特に有希さんがバーゲンセール状態です。

各キャラとストーリー上でぶつかると何気ない会話の後戦闘開始。
戦闘は2対2。4つの技からひとつ選んで戦い、倒せば勝利。
全滅か全技の行動回数0でゲームオーバー。ポケモン方式
一応オートセーブですので負けてもすぐ再開できます。
レベルアップはありませんが、最初楽勝だった戦闘は徐々に難しくなります。

ある程度むきりょくかん。作品をかじった事のある人は面白い内容。
ストーリーは複数用意されており、ゲームクリアを数回繰り返してトゥルーエンドへ向かいます。

会話自体は他愛無いけど、裏にしっかりとした物語がある良くも悪くもいつもの方式。
二次創作ということで何でもあり
まじかるな二人とかあの犬さんとかム○クとかいろんなネタキャラが。

普通にプレイすると無味乾燥な感じですが、それでもじっくり読むといつのまにかのめりこんでます。

そうそう、エンディングテーマはあの人が担当してますよ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する